買い物に行く仏様

しばらくブログをお休みしていたのは、ココログのメンテに引き続いて実家に帰っていたからでした。
別に夫婦喧嘩をしたわけではなく、お盆です。
私の実家の辺りでは7月盆なので、7月の13~16日がお盆です。
旦那にこの話を初めてした時、信じられないという顔をされました。
旦那の実家は世間的に最も多数派の8月盆。要するに企業の夏休みと一緒のお盆です。
ちなみに世間にはこの7月盆と8月盆の他に、正式に旧暦にあわせてやる旧暦盆というのもあるんですってね。

まあ、それはそれですが、大学時代の民俗学の教授いわく、盆行事・正月行事・葬送儀礼は、全国似たようなものはあっても、決してまったく同じの地域と言うのはないんだそうです。
たとえば、迎え火・送り火。
私の実家(神奈川)ではおがら(乾燥した麻の茎)を燃やしますが、母の実家(静岡県)では薪を燃やすそうです(最近は割り箸だとか)、旦那の実家(長野)では白樺の皮です(地域色出るなあ)。
私の実家の話で、誰に話しても面白がられるのが、仏様が15日になされるとされる行動。
14日は他の地域のお盆同様、家にいらっしゃる仏様。
(ですから新盆のお宅にお伺いする日は14日と決まっています。)
しかし、15日になると仏様はあの世に持ち帰るためのお土産を買いにお出かけなさいます。
朝、お出かけなされるので、朝にはお弁当代わりの握り飯とお小遣いとして小銭をお供えします。
お買い物に出かけた仏様は昼にはお帰りになるので、「暑かったですね」と昼にはそうめんをお供えします。
そうなると、仏様の馬も大活躍という理由なのか、蓮の葉にナスをさいの目に切って飼葉がわりにお出しします。
刻んだナスには水にひたしたみそはぎ(花)で水をふります。馬のための水だと親には教わりました。
馬はキュウリ・ナスではなく、まこもで作った馬です。

他に、私の実家のお盆の地域性としては海辺の街なので、お盆の時期には海水浴を戒められているというのもあります。仏様に足を引っ張られるっていうんですね。だから漁船もお盆の時期には出港しません。
鬼灯は仏様の提灯だと教わって、盆棚に飾っています。上下さかさまに飾ります。忌みなのかな?
個人的に、こういう民俗学的な話はとても大好きなので、他の地域のちょっと変わった盆行事も教えていただけるとうれしいなあと思います(ただの趣味ですが)。

| | コメント (0)
|