« 閑話休題 2、失われた時を求めて | トップページ

閑話休題 3、伊香保温泉 準備編

ウェブで乳がん経験者の闘病記を読むと

「乳房を切除したのでもう温泉に入れない!」

なんて絶望している人をけっこう見かけます

私は温泉地の生まれで小さい頃から日常的に温泉に入ってきたので
乳がんの手術をしたんだなという人も
大浴場で何度も見かけたことがあります

「あの人、乳がんだったのかな」

と思うだけなので、
ウェブで温泉の入浴を絶望している人を見ながら、
ちょっと考えすぎじゃないかと思ったのですが、
それは当事者じゃないからかもしれません

どちらにせよ、手術をしたらしばらく温泉には入れないでしょうし、
今のうちにどこかに行っておきたいなと思いました

で、近郊の温泉地で、いまだ足を運んだことのない伊香保温泉を思い出し、
手術の前の最後の温泉旅行をしました

さて、まずは伊香保温泉の下調べです
どこに行く場合でも、文学散歩を目指してしまう癖があるので、
どうしても目が行ってしまうが徳富蘆花記念文学館なのですが、しかし……

「徳富蘆花……『不如帰』かぁ」 



『不如帰』

徳富蘆花の文学散歩のようなものは以前にもしたことがありました
正確に文学散歩ではなく偶然だったんですが、
たまたま出かけた逗子で海の中から突き出る石碑のようなものを見かけ
よく見たら「不如帰の碑」だったというものでした

『不如帰』は明治の大人気大衆小説で、メロドラマの元祖とでもいうものです
未読ながら粗筋は知っていて

愛し合う夫婦

夫の出征

姑の嫁いびり

嫁、結核を発症

姑、息子に無断で嫁を離縁して実家に帰す

帰国した息子、妻を追い求めるがすれ違ってしまい、再び戦場へ

失意の中、妻死亡

という大変わかりやすいテンプレです
まあメロドラマの元祖なので、
これをテンプレにしたわけですから仕方ないですね

「あああ、人間はなぜ死ぬのでしょう!
生きたいわ!
千年も万年も生きたいわ!」

これはヒロインである浪子さんの言葉で
小説の中はもちろん、新派演劇ですっかり有名になった名セリフです
まあ、それはいいんですが……

「読む……のか?」

せっかく文学散歩をするのなら、
行先にちなんだ作品はぜひ目を通しておきたいところ
でもねえ、
これからがんの手術をしようって人間が読む本なのか、これ?

« 閑話休題 2、失われた時を求めて | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 閑話休題 2、失われた時を求めて | トップページ

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブ拍手

  • ウェブ拍手です。一言も送れます。よろしくお願いします。
無料ブログはココログ