« 結局それ!? | トップページ | 造影MRIの恐怖 1 »

2度あることは3度

前の日記から3カ月近く空いてしまい申し訳ないです。

仕事柄、暇な時と忙しい時の差がありすぎてってやつでして、

忙しいのはありがたいのですが……。

いまちょっと隙間タイムになっているので、闘病記の続き、少しだけ書いてみます。

 

【今までのお話】

検診で左乳房が引っかかった私は、精密検査で今度は右の脇の下が引っかかり、

細胞診を行った結果、右乳房が癌かどうか怪しいが断言しきれないという結果に。

白黒つけるには造影MRIという話になるが、喘息持ちの私に造影MRIは禁忌。

PET検査でもはっきりせず、仕方なく、癌専門の病院に転院することに。

しかし転院先で告げられた言葉は

「造影MRIを行いましょう。心臓止まっても対応します」

 

さてさて、診察室を出たあとはまたもやマンモグラフィと超音波検査です。

検査施設がかわるたびに同じ検査を受けるのでどちらも3回目

もうマンモ痛いだのなんだのって言ってる場合じゃないですわw

そして超音波検査。

検査技師さん「……え?」

検査中に技師さん、首を傾げ乍ら機械を移動させています。

検査技師さん「××先生、ちょっといいですか?」

別の先生が入ってきて。カルテを見ながら

検査技師さん「これ、右乳房って書いてあるんですけど、これ、左の間違いじゃないですかね?」

先生「うーん」

……左乳房の良性腫瘍。

うわ、まだその話が蒸し返されるのか。

先生「とりあえず、両方きっちり撮っておいて」

ということで、じっくり時間をかけての検査していただきました。

造影MRIの機械は混んでいるということで、一週間後の検査予約をして帰宅しました。

« 結局それ!? | トップページ | 造影MRIの恐怖 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 結局それ!? | トップページ | 造影MRIの恐怖 1 »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブ拍手

  • ウェブ拍手です。一言も送れます。よろしくお願いします。
無料ブログはココログ