« 2019年7月 | トップページ | 2019年12月 »

造影MRIの恐怖 1

ホラー映画みたいなタイトルつけてみました

いやでも、

「心臓止まる可能性があるのでできません」

と言われた検査を、病院変わった途端に

「副作用リスクより検査のメリットの方が大きいのでやりますね💓」

なんて言われたら、怖いですよねえ?

 

そんなわけで前回の診察から一週間

付き添ってくれた母と妹は廊下で待っていてもらって検査室に入ります

 

「更衣室の中に検査着があるので着替えて下さい

あとこれ、確認事項なのでチェックしておいてください」

 

水色の検査着に着替えて確認事項のチェックをします

喘息は…ありますよ、と。

 

「できましたか?」

 

看護師さんに確認事項の紙をはいと渡します。

 

「え? 喘息? これ、先生は…」

「もちろん先生にはお話してあります」

「それで先生、造影MRIやるっておっしゃったんですか?」

「はい、病院だから問題ないって…」

「少々お待ちください」

 

紙を持った女性看護師さんが部屋の奥のに向かいます

 

「ええっ? 喘息!?」

 

驚いたような男性の声が奥から聞こえてきました

 

「もちろん喘息は禁忌だよ」

「ですよねえ」

 

…ほら、やっぱり禁忌じゃん

奥に背を向けた形で座ったまま、耳ダンボで聞いていると…

 

「一応、先生に確認してみて」

 

そんな言葉と共に誰かが扉を開けてさらに部屋の奥に行くような音が聞こえました

 

10分…

 

20分?

 

不安な気持ちで待っていると…

 

「…だから、やっちゃって問題ないんだって。進めて」

 

ちらっと奥を見ると今まで見なかった白衣の男性が技師さんたちに何か説明しています

しばらくすると、さっきの看護師さんが戻ってきました

 

「お待たせしてすみません。問題ないようなので進めますね。もう少々お待ちください」

 

看護師さん、ガラガラと点滴の道具を引っ張ってきました

 

「造影剤を入れるための点滴の針を入れます。気分が悪くなったらすぐに言ってくださいね」

「はい」

 

腕を出して、腕に針が…

針が…?

 

「ごめんなさい、ちょっと血管見えにくいですね。もう1回やり直しますね」

「あ、はい…」

 

今度こそ、腕に針が…

針が……?

 

「ダメだわ、本当にごめんなさい。もう1回やり直します」

「いえいえ」

 

とは言ったものの、

これだけ不安で緊張している状態で2回も失敗されると、それだけで気分悪くなってきそうです

看護師さんは私の腕を回すようにして見ると難しい顔をしました

 

「ごめんなさい。手の甲にしてもいいかしら?」

「手の甲?」

 

そんな場所に注射なんてしたことありません

 

「ここは血管がはっきり見えるから。ただちょっと痛いんだけど…」

「わかりました。お願いします」

 

痛いのは嫌だけど、3回目も失敗される方がもっと嫌です

手の甲に針が…

あ、今度は大丈夫?

 

「良かった。少々お待ちください」

 

手の甲に刺さった針はまだかすかに痛み続けていますが、我慢できないほどではありません

やがて奥の機械の準備ができたようで、私は点滴の器具をガラガラ引っ張りながら薄暗い室内に入っていきました…

(続)

2度あることは3度

前の日記から3カ月近く空いてしまい申し訳ないです。

仕事柄、暇な時と忙しい時の差がありすぎてってやつでして、

忙しいのはありがたいのですが……。

いまちょっと隙間タイムになっているので、闘病記の続き、少しだけ書いてみます。

 

【今までのお話】

検診で左乳房が引っかかった私は、精密検査で今度は右の脇の下が引っかかり、

細胞診を行った結果、右乳房が癌かどうか怪しいが断言しきれないという結果に。

白黒つけるには造影MRIという話になるが、喘息持ちの私に造影MRIは禁忌。

PET検査でもはっきりせず、仕方なく、癌専門の病院に転院することに。

しかし転院先で告げられた言葉は

「造影MRIを行いましょう。心臓止まっても対応します」

 

さてさて、診察室を出たあとはまたもやマンモグラフィと超音波検査です。

検査施設がかわるたびに同じ検査を受けるのでどちらも3回目

もうマンモ痛いだのなんだのって言ってる場合じゃないですわw

そして超音波検査。

検査技師さん「……え?」

検査中に技師さん、首を傾げ乍ら機械を移動させています。

検査技師さん「××先生、ちょっといいですか?」

別の先生が入ってきて。カルテを見ながら

検査技師さん「これ、右乳房って書いてあるんですけど、これ、左の間違いじゃないですかね?」

先生「うーん」

……左乳房の良性腫瘍。

うわ、まだその話が蒸し返されるのか。

先生「とりあえず、両方きっちり撮っておいて」

ということで、じっくり時間をかけての検査していただきました。

造影MRIの機械は混んでいるということで、一週間後の検査予約をして帰宅しました。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年12月 »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブ拍手

  • ウェブ拍手です。一言も送れます。よろしくお願いします。
無料ブログはココログ