« 診療科不明 | トップページ | 2度あることは3度 »

結局それ!?

そしてGWも明け、やっと初めての診察日です。

大病院の常、朝からずっと待ち続け、昼過ぎにやっとのことで診察となりました。

 

「オカルト乳がんですか、面倒なことになってますね」

 

若い女医さんの言葉に私は「はい」とこたえました。

原発不明とはいえ、この病院では血液性ではなく乳がんだろうという判断のようです。

女医さんが大きく頷きます。

 

「安心してください。

オカルト乳がんなんて言葉は

医学が発達する前の過去の言葉です。

現代の医学であれば、原発なんてすぐに発見できますから」

 

力強い言葉に、期待が高まります。

すごい!

ここの病院に来てよかった!

 

「森田さん、造影MRIは受けてないですよね」

「あ、はい……喘息なので……」

造影MRI撮りましょう。それで一発です」

 

!!!!!!!?

はあっ!?

 

「いやでもあの……!

喘息だから造影MRI使うと心臓が止まるかもって前の病院で…」

「ここは病院ですから、止まったらちゃんと措置をします。

安心してください!」

 

ああ、それなら安心……

…………って、いやいや、この前、造影MRIダメって言われたのも病院なんですが?

戸惑い顔の私に女医さんが畳みかけます。

 

「いいですか、森田さん。

副作用の危険と検査によるメリットと、

どちらが大きいかを私たちは常に考えています。

今度の場合は、

副作用の危険より、

検査結果を得るメリットの方が大きいんです

 

ええ、そうですね。

そうでしょうとも……。

話は分かる。

分かるんだけど――!

« 診療科不明 | トップページ | 2度あることは3度 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 診療科不明 | トップページ | 2度あることは3度 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブ拍手

  • ウェブ拍手です。一言も送れます。よろしくお願いします。
無料ブログはココログ