« 大統領の記憶 | トップページ | 近況とかいろいろ »

竜の夢見る街で 1

遅くなりましたが『竜の夢見る街で』1巻。
1巻なのでまだまだ感想は難しいのですが、久々の現代舞台。
しかも今のところ竜以外の人外が登場していないのでファンタジーとか読みなれていない一般の方にもずいぶん読みやすいと思います。

竜の夢見る街で 1 (ウィングス文庫) (新書館ウィングス文庫)
縞田 理理
新書館
売り上げランキング: 120789

UFOやUMA写真のスクープを目指すカメラマンの主人公は、公園で子供に声をかけている奇妙な男に出会う。
GFの女刑事から連続幼児誘拐事件の情報を得た主人公は男が怪しいと睨むが……。

という、何をどうきったらファンタジーになるんだよという冒頭。
でもFTです。
しかもエブリディマジック系。
とにかく竜が可愛くて可愛くて……。
腹ペコライオンを餌付けするみたいなお話。

フーバニアとかラノンとかとはまた違ったクールな雰囲気で楽しみです。
まあクールといっても優しいクールなんですけどね。
ハッカ飴みたいな現代FTでした(は?)

|
|

« 大統領の記憶 | トップページ | 近況とかいろいろ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大統領の記憶 | トップページ | 近況とかいろいろ »