« 感情移入とキャラクター | トップページ | 締め切り明けだ »

SF魂に火がついた!

日記が順調に更新されているのですが、実は暇なわけではなく逃避状態なので非常に良くない兆候なのでした。トホホ。

まあそれはいいとして(←だから良くないって・汗)、最近、柴田昌弘&竹宮恵子マイブームが来ています。
きっかけはある方(男性)と女性向のSFはどうなのか? みたいな話があって、でも、基本女性向にSFは無理だろ~と思って、そう言ったんですがでも「森田さん好きですよね」と返されて……ええ、好きです。大好きですとも! でも、SF好きの女性って少数派なんだよ~。とは思ったんですが、じゃあ「女性向SFって今までどんなのが受けてるのよ」と振り返ったところからの始まりです。
その中でもなぜ今回の両作家さんかと言うと、まずはそういや竹宮先生の『私を月まで連れてって!』読んでなかったよ。ということにはたと気づいたこと。BL描写が苦手で少し避けていた作家さんではあるんですが、『私を~』はBLじゃないのについ読みそびれてました。で、今回初めて読んだんですが、もう可愛らしいラブコメ描写とセンス・オブ・ワンダーが私の好みにはまりまくりで、なんで今まで読まなかったのか後悔中。今ならちょっとやそっとのBL描写にも閉口しない自信があるので(時代の変化と自分の年齢だな)、この勢いで他の未読作品も一気に読んでしまいそう(実は『風と木の歌』すら読んでないので)。

私を月まで連れてって! 3 完全版 (3)
竹宮 惠子
白泉社 (2005/09/29)
売り上げランキング: 1,912

SF魂に火がついたので、ついでに、もともと割と好きな柴田先生の新作『サライ』も男性向きながらわくわく読ませていただいています。20年前からハードSFとメイドさんを組み合わせていた柴田先生の戦闘メイドもの。日本刀にメイド服で柴田先生らしいエログロ満載(汗)。いやでも、楽しいのよ柴田先生は~、ずいぶん長い事、柴田作品から離れていたため、こちらも未読作品が多く当分楽しめそうです。

サライ 6 (6)
サライ 6 (6)
posted with amazlet on 06.09.29
柴田 昌弘
少年画報社 (2001/02)
売り上げランキング: 297,564

調子に乗って、あと一冊だけ残っていたバローズの火星合本も購入。只今部屋の片隅に積まれており、個人的SFブームはもうしばらく続きそうな予感!(←そんなことより、仕事しなさいですね。ははは)。

火星の古代帝国―合本版・火星シリーズ〈第4集〉
エドガー・ライス バローズ Edgar Rice Burroughs 厚木 淳
東京創元社
売り上げランキング: 100,470

|
|

« 感情移入とキャラクター | トップページ | 締め切り明けだ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感情移入とキャラクター | トップページ | 締め切り明けだ »