« 保育園の夏祭り | トップページ | 映像か文章か »

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

旦那がこっそりレンタルしてました。
いーぐる⇒ 劇場公開アニメ【アニメ】 BANDAIVISUAL 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
実は私、ガンダムには思い入れがありません。
しかし仕事柄、打ち合わせなどに行くと、なにかの拍子でガンダムが熱く語られることとなり、私は曖昧な笑顔を浮かべるハメになるのです。
まあひと通り、観た事は観たんですけどね、よく出来ていると思うし、いい話だとは思いますが、はまるかはまらないかは別の話ですから。
なので、ガンダムと言われると、少し気が重くなるのですが、まあ『逆襲のシャア』ならもう一回観てもいいかなという気分になりました。

個人的には『逆襲のシャア』は宇宙世紀~のシリーズで一番よくできた作品じゃないかと思います。
ナレーションに頼ることなく、キャラクターの心情を丁寧に描いてあって、物語には一切の無駄がなく、「アムロとシャアの物語」に美しい形でピリオドを打っています。
すべてのキャラがそれぞれの役割をきっちりと演じきり、シナリオの力量を感じます。う~ん、こういうシナリオが描けたら、最高ですよね。
ただ一点、最初に観た時もこれはどうなんだろうと思ったのはハサウェイの存在。
彼の物語での役割はわかるのですが、「アムロとシャアの物語」のピリオドである『逆襲のシャア』において、クエスを喪ったハサウェイの物語はむしろ始まってしまうのです。このままでいいのかなあという当時の感想は、やはり正しかったらしく、彼の抱えてしまったものの物語は

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈上〉 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に受け継がれていくらしいです(この小説は『逆シャア』とは設定その他、少し異なり、正確には『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア―ベルトーチカ・チルドレン 』の続編だそうですが)。
物語の最後に新しい物語が始まってしまうのは気にはなる形ですが、まあ所詮「それは別の物語」なので、かまわないといえばかまわないのでしょうね。

スタッフロールとともに流れる『TM NETWORK/ビヨンド・ザ・タイム~メビウスの宇宙を越えて』……何度聞いても名曲だなあと。小室みつ子の作詞が素晴らしく、これ、本当に好きなんです。正義より思想より個人的な感情の方が大事なのだと、いいこととか悪いこととかそうではなく、人間とは本来そうしたものだなあと。私、富野監督は英雄崇拝タイプの方ではないなと思いますが、アムロは物語の最後で英雄的な最期を迎えます。英雄的でありながら、最後の最後までシャアと口論し続ける人間的なアムロは英雄的発想よりも個人的な優しさや愛を重視しているように思われます。そこで流れるこの歌詞は、彼の生き様をより印象深く、観客に思い返させるのです。

|
|

« 保育園の夏祭り | トップページ | 映像か文章か »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 保育園の夏祭り | トップページ | 映像か文章か »