トップページ | 2006年8月 »

買い物に行く仏様

しばらくブログをお休みしていたのは、ココログのメンテに引き続いて実家に帰っていたからでした。
別に夫婦喧嘩をしたわけではなく、お盆です。
私の実家の辺りでは7月盆なので、7月の13~16日がお盆です。
旦那にこの話を初めてした時、信じられないという顔をされました。
旦那の実家は世間的に最も多数派の8月盆。要するに企業の夏休みと一緒のお盆です。
ちなみに世間にはこの7月盆と8月盆の他に、正式に旧暦にあわせてやる旧暦盆というのもあるんですってね。

まあ、それはそれですが、大学時代の民俗学の教授いわく、盆行事・正月行事・葬送儀礼は、全国似たようなものはあっても、決してまったく同じの地域と言うのはないんだそうです。
たとえば、迎え火・送り火。
私の実家(神奈川)ではおがら(乾燥した麻の茎)を燃やしますが、母の実家(静岡県)では薪を燃やすそうです(最近は割り箸だとか)、旦那の実家(長野)では白樺の皮です(地域色出るなあ)。
私の実家の話で、誰に話しても面白がられるのが、仏様が15日になされるとされる行動。
14日は他の地域のお盆同様、家にいらっしゃる仏様。
(ですから新盆のお宅にお伺いする日は14日と決まっています。)
しかし、15日になると仏様はあの世に持ち帰るためのお土産を買いにお出かけなさいます。
朝、お出かけなされるので、朝にはお弁当代わりの握り飯とお小遣いとして小銭をお供えします。
お買い物に出かけた仏様は昼にはお帰りになるので、「暑かったですね」と昼にはそうめんをお供えします。
そうなると、仏様の馬も大活躍という理由なのか、蓮の葉にナスをさいの目に切って飼葉がわりにお出しします。
刻んだナスには水にひたしたみそはぎ(花)で水をふります。馬のための水だと親には教わりました。
馬はキュウリ・ナスではなく、まこもで作った馬です。

他に、私の実家のお盆の地域性としては海辺の街なので、お盆の時期には海水浴を戒められているというのもあります。仏様に足を引っ張られるっていうんですね。だから漁船もお盆の時期には出港しません。
鬼灯は仏様の提灯だと教わって、盆棚に飾っています。上下さかさまに飾ります。忌みなのかな?
個人的に、こういう民俗学的な話はとても大好きなので、他の地域のちょっと変わった盆行事も教えていただけるとうれしいなあと思います(ただの趣味ですが)。

| | コメント (0)
|

映像か文章か

http://ririshimada.blog4.fc2.com/blog-entry-713.html
縞田さんのブログの話題から……
小説を読むときに「文章」をそのまま想起しながら読むか、映像を思い浮かべながら読むか……とても面白い話題なので、私もちょっと。

私も「映像派」ですね。基本的に物語はすべて映像化されています。登場人物は漫画絵だったり、俳優さんだったり……実は直前に観たり読んだりしたものに影響されるので、たとえば『ちびまるこちゃん』の絵で『アンナ・カレーニナ』を読むハメになることもあり、『アンナ~』を読むために『ベルばら』あたりで口直し?することもあります(もちろん『ちびまるこちゃん』も好きですけど、それでトルストイはちょっと……)。

本を読むときには絶対にBGMをかけないのですが、それは本の中からBGMが聞こえる性質だから。クラシック風だったり、ロックだったり、いろいろです。きれいな音楽が明確に聞こえれば聞こえるほど、その本を美しい本だと認識してしまいます。

もちろん、声も聞こえています。でもだからといって、朗読が嫌いではなく。私は朗読大好き人間で、自分自身が朗読家になりたいと思うくらい。家でひとりでいる時、美しい台詞を見つけると、自分で音読してみます。これは音読を繰り返すことで、キャラクターの気持ちがより深く理解できると思うから。なので、他人に朗読してもらいたいと特には思いませんが、他の人の解釈も気になるので、朗読を聴くのはそれなりに楽しい時間です。

ちなみにシナリオを読んでいても「映像化」はされますが、「映像化」に少し苦心する事になります。「映像化」を前提としているものがどうしてそうなるのか? それについては「小説」と「シナリオ」という似て非なるものの本質に関する話となり、長くなるので、別の機会にさせていただけたらなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

旦那がこっそりレンタルしてました。
いーぐる⇒ 劇場公開アニメ【アニメ】 BANDAIVISUAL 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
実は私、ガンダムには思い入れがありません。
しかし仕事柄、打ち合わせなどに行くと、なにかの拍子でガンダムが熱く語られることとなり、私は曖昧な笑顔を浮かべるハメになるのです。
まあひと通り、観た事は観たんですけどね、よく出来ていると思うし、いい話だとは思いますが、はまるかはまらないかは別の話ですから。
なので、ガンダムと言われると、少し気が重くなるのですが、まあ『逆襲のシャア』ならもう一回観てもいいかなという気分になりました。

個人的には『逆襲のシャア』は宇宙世紀~のシリーズで一番よくできた作品じゃないかと思います。
ナレーションに頼ることなく、キャラクターの心情を丁寧に描いてあって、物語には一切の無駄がなく、「アムロとシャアの物語」に美しい形でピリオドを打っています。
すべてのキャラがそれぞれの役割をきっちりと演じきり、シナリオの力量を感じます。う~ん、こういうシナリオが描けたら、最高ですよね。
ただ一点、最初に観た時もこれはどうなんだろうと思ったのはハサウェイの存在。
彼の物語での役割はわかるのですが、「アムロとシャアの物語」のピリオドである『逆襲のシャア』において、クエスを喪ったハサウェイの物語はむしろ始まってしまうのです。このままでいいのかなあという当時の感想は、やはり正しかったらしく、彼の抱えてしまったものの物語は

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈上〉 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に受け継がれていくらしいです(この小説は『逆シャア』とは設定その他、少し異なり、正確には『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア―ベルトーチカ・チルドレン 』の続編だそうですが)。
物語の最後に新しい物語が始まってしまうのは気にはなる形ですが、まあ所詮「それは別の物語」なので、かまわないといえばかまわないのでしょうね。

スタッフロールとともに流れる『TM NETWORK/ビヨンド・ザ・タイム~メビウスの宇宙を越えて』……何度聞いても名曲だなあと。小室みつ子の作詞が素晴らしく、これ、本当に好きなんです。正義より思想より個人的な感情の方が大事なのだと、いいこととか悪いこととかそうではなく、人間とは本来そうしたものだなあと。私、富野監督は英雄崇拝タイプの方ではないなと思いますが、アムロは物語の最後で英雄的な最期を迎えます。英雄的でありながら、最後の最後までシャアと口論し続ける人間的なアムロは英雄的発想よりも個人的な優しさや愛を重視しているように思われます。そこで流れるこの歌詞は、彼の生き様をより印象深く、観客に思い返させるのです。

| | コメント (0)
|

保育園の夏祭り

今日は保育園の夏祭り。PTA縁日のチケット販売及び会計係です。
PTAというやつはあれですね、学生時代の文化祭実行委員みたいなもので、燃えますね。
でも、燃えない人も例のごとく多く、黙って言われた事だけする人、おしゃべりしてなにもしない人、ばんばん意見を言って頑張る人の3派に分かれます。
黙っている方が利口だよな。とは思うのですが、私は黙っていられない性質なので……ま、その……。
ちなみに学校との違いは「おしゃべりしてなにもしない人」に注意するわけにいかないって事です。人間関係ありますから。大人って大人って……(遠い目)。

縁日の日は、多くの子供が浴衣や甚平を着てくるので、うちもと思い、可愛いのを厳選して購入したんですが、ファッションにこだわる息子は着てくれませんでした(涙)。子供にわかりやすい「かわいい」とか「かっこいい」でなかったのが敗因です。でもキャラクターの甚平って高いんだもん。ちゃんと呉服屋で、いいの買ってきたのになあ。写真が残るのでせめてとばかりに来た服は水兵服風のピングー。上下そろいの可愛い服ですが、息子にはそろそろ女の子っぽすぎるかな?

さて当日!
朝の準備作業でヨーヨーを膨らませました。水の入っているあれ。最初は難しかったのですが、慣れるとすごくスピードアップして、とても楽しかったです。
縁日は大好評で、チケットの売れ行きもすごく、最終的に……げっ! 違算です。
20円の違算。一緒に会計をやった同じマンションのママ友は某社の経理なのでかなりショックを受けた様子。
私は……商家の娘30年近くやった上に金融にも勤めた事があるので、ありゃりゃだけど、もう慣れちゃったな。
いやもちろん、慣れてはいけないんですけどね。反省点もいろいろ、来年に生かせるといいなあ。

| | コメント (0)
|

「電話食べちゃダメでしょ!」

子供を近所の保育園に預けて良かったなと思うのはママ友がたくさんできたことです。
とは言っても、すれ違う時、挨拶するくらいなんだけどね。
子供が小さいと家に閉じこもりきりになり、ストレスがたまって精神衛生上よろしくありません。
少子化対策はそういう母親のメンタル面から考えて欲しいものです。

なんてえらそうなことはさておき、昨夜の話。
近所にできたマンションの営業がしつこいのです。今日はついにチャイム鳴らされました。
インターホン越しに「……ですから、先日お電話いただいた時にも……」と断っていると息子が突然。
「ママ! 電話食べちゃダメでしょ! 電話いただきますしちゃダメ!」
「え? あ……」
どうやら「いただく=食べる」という発想のようで。息子は鬼の首を取ったがごとく、
「間違えちゃったね。ごめんなさいは?」
……3歳児に日本語教えるの難しいです。

そんな息子は最近、朝起きるたびに、
「ねえ、マジグリーンとマジブルー届いた?」と聞いてきます。
七夕の短冊に「マジグリーンとマジブルーの人形が欲しい」と書いたからです。
「お星様、まだお手紙読んでないからねえ……」
と誤魔化していますが、本人どうやらクリスマスと間違えているみたいです。
息子「お星様、サンタさんみたいだよねえ」
私「いや、サンタさんとは違うんだけどね……」
ボウケンブルーとかなら入手可能なんですが、マジブルーですか?
終わった戦隊モノの人形入手はちょっとレベル高いです。
ここはすぱっとあきらめて、息子には「叶わない願いもあるの」と教えるべきなんでしょうか?

| | コメント (0)
|

ことのはじめ

ちっとも更新しないのでハーボットのアヤリが哀れになってきました。
ん? 最近はブログでもハーボットできるんですね。
思えばお仕事サイトに日記をつけなくなって久しく……。
毎日書こうとかテーマとかいろいろ考えるとつらくなるわけで、もっときままにブログ初めてもええんでないかい? ということでお仕事日記始めます。
3ヶ月坊主ぐらいかもしれないけど、よろしくお願いします♪

| | コメント (0)
|

トップページ | 2006年8月 »